人生で一番怖かった実話4「耳元で聞こえた声」

スポンサーリンク

20代男性が体験した人生で一番怖かった実話「耳元で聞こえた声」

これは私が経験した人生で最も怖かった心霊経験となると思います。

当時の私は東京都青梅の奥に仕事上で住んでいました。

青梅は東京と言いつつも山の中にあるような場所で、夜になると都心とは比べ物にならないほどに暗く静かになるのです。

そんな場所ですが、私はアウトドアが好きでよく広めの自然公園にバイクで出かけて写真を撮ったりするのが趣味でした。

問題が起きたのはとある日でした。

皆既月食が東京で観測できるというので、いつもは出かけない夜更けに自然公園に出かけたのです。

流石に自然公園といえども夜遅くて駐車場には車もなく、誰も周りにはいません。

若干の不気味さも覚えながらも広めの広場でカメラの機材をセットして皆既月食の観察に楽しんでいたのです。

問題が起きたのはこのあとでした。

皆既月食の撮影が終わって機材を片付けたあとに、バイクにまたがりながら帰りの準備をしていた時でした。

それは帰ろうとエンジンのスイッチを入れようとした時です。

明らかに女性の声が耳元で「帰るの?」と聞こえたのです。

初めは声をかけられたと思いました。

しかし、ありえないのです。

何しろ、私はフルフェイスのバイク用ヘルメットを被っているのですから。

気が付いた瞬間にゾクッと背筋が震え上がりました。

即座にエンジンをかけてその場を離れましたが、家に帰って明かりをつけるまで耳元には聞こえた声が張り付いて仕方がありませんでした。

その夜は明かりを消して寝ることはできず、しばらくは公園にも近づくことができませんでした。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする