和歌山県の心霊スポット「恐怖のトンネル」車に付いた無数の手の跡…

スポンサーリンク

私が住んでる所は言えば田舎です。

その田舎よりも山を車で20分ほど上がったところにトンネルがあります。

そこのトンネルは小さい頃から大人にあそこは危ないから絶対に行ったらあかん!と言われてました。

小さいながらにおばけ出るんかな?くらいの認識でした。

私が高校生になった頃、友達や彼氏の数名で夜中車でそのトンネルに興味本位で行きました。

言ってすぐ小さなトンネルを見つけて車を皆でおりてみました。

特に私や彼氏には何も無かったのですが…友達が急に気持ち悪いと言い出し、着いて5分ほどで帰ることにしました。

友達はずっと気持ち悪い…何かいる気がするっと言ってました。

その後全員車に乗り込み発進しようとしたらエンジンがかから無かったんです。

友達の彼氏は一生懸命鍵を回しエンジンをかけようと何度も何度も繰り返しますが…つきません。

すると…友達が助手席の窓を指して『女の人がいる』っと叫びながらいいました。

でも私と彼氏には見えなくて…友達と友達の彼氏はガタガタ震えだして身動きができませんでした。

そこで、私の彼氏が友達の彼氏と友達を後部座席に移動させ車のエンジンをかけました。

今度はかかりそのまま山を降りていきました。

その間も私と彼氏は全く何もなく、友達と友達の彼氏だけがずっとガタガタと震えていました。

そして、山を降りて自販機のところで止まりようやく本当に居たんだ…と確信しました。

車の窓という窓全てに手のあとが付いていたのです。

その後友達に聞くと車が走り出したら周りいっぱい囲まれていたと言っていて…かなりの数の幽霊がいるんだと思いました。

その後そこには近づいていませんが…今でも若い子はトンネルに行っていると耳にします。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする