神奈川県の有名心霊スポット「丹沢湖」|肝試しの名所

スポンサーリンク

神奈川県西部にある丹沢湖は地元でも有名な心霊スポットです。

丹沢湖は三保ダムを作る際に出来た人造湖。

ダムを作るために湖の底に沈んだ村があります。

この丹沢湖、1999年に起きた玄倉川のキャンプ事故で13人の遺体が流れた湖でもあります。

この事故の後、事故が起きた中州付近は立ち入り禁止になりました。

あの時の事故で命を失った人たちの霊が丹沢湖に現れるのです。

地元でも肝試しの場所として有名で、実際に肝試しに行った人が湖に浮かぶオーブをいくつも見ています。

道が細くなっているところも多く、車ごと湖の中に落ちてしまいそうになった人もたくさんいます。

注意をして走行をしているのに、湖に引っ張られるような感じで落ちそうになるのだそうです。

この丹沢湖の怖いところは、その影響が支流にも出ていることです。

工事関係者が丹沢湖から出ている河川で写真撮影をしたところ、無数のオーブが飛んでいたそうです。

しかも、そのほとんどのオーブが真っ赤。

赤のオーブは怒りを現しているので、すぐにお祓いに行ったそうです。

その後、写真撮影をするとオーブは映るのですが、真っ赤なオーブではなく、白いオーブに変わったそうです。

丹沢湖で亡くなった人の霊が支流にまで出ているということは、それだけ強い力なのだと思います。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする