「 恐怖体験 」一覧

安いビジネスホテルの一室で起きた恐怖体験|人生で一番の恐怖体験

40代男性が体験した人生で一番の恐怖体験:安いビジネスホテルの一室で起きた恐怖体験

出張で北海道のS市で体験した話です。

出張でS市を訪れ、夜分遅くなってから泊まれるホテルを探しました。

市街中心部のはずれにあるとあるビジネスホテルに確認したところ、最初の返事は「本日ご用意できるお部屋はありません」とのことでした。

しかし、10時過ぎにそのホテルから返事があり、「一泊4000円で用意できる部屋があります」とのこと。

その部屋に泊まることにして、チェックインを済ませ部屋に入ると、部屋のインテリアに違和感を感じました。

ベッドの上に斜めに張り出した壁は、頭をうちつけそうな高さだし、不自然に壁に掛けられた絵は、高さが腰よりも低く、見づらい位置に掛けてありました。

しかし、私は、疲れもあってすぐに寝てしまいました。

しかし深夜二時過ぎに、寝苦しさで目を覚ますと、テレビが勝手についており、子供が映し出されて「僕は死んでない!」と叫びました。

自分は、疲れで夢を見ていると思い、もう一度眠ろうとしました。

しかし、子供の叫び声はますます大きくなります。

間違ってベットの上でリモコンでも押したのかとリモコンを探すと、リモコンはテレビの横に。

突然恐怖を感じた自分は、テレビを消して布団にもぐりこみました。

すると、隣部屋側の壁(その部屋は角部屋で、一方にしか隣部屋がありません)が、「ドン!ドン!」と叩かれるのです。

「あぁ、テレビの音で隣の人をおこしてしまったのか。相当怒ってるな」と思い、申し訳ない気持ちになりましたが、知らないふりをして眠ろうとしました。

しかし、数分おきに大きな音で壁が叩かれて、壁に掛けられた絵が大きく揺れるほどです。

いくら怒らせたとはいえ、これは酷いと思っていましたが、鳴りやまない音にしびれを切らした自分は、謝罪の意味も込めて壁を、小さくコツコツと叩きました。

すると「ドドン!!!」と前にもまして大きな音が返ってきました。

この反応に驚いた自分は、愚かにもフロントを通さず、隣の部屋に直接謝る(注意してやろうという気持ちもありました)ことにしました。

テレビの音は、自分がつけたわけではないので、少し腹立たしかったこともあります。

今思えば、これは余計な行為だったと後悔しています。

部屋をでて隣の部屋のドアの前に立つと、ドアの上に赤く光る小さなランプが点灯していました。

それを見たとたんに、自分は背筋に寒さを覚え、全力で廊下を走り、電気のついているコインランドリーに走りこみました。

なぜなら、そのホテルは、カード式のキーによって鍵をロックするのですが、部屋の中に入るとランプは緑色に光るのです。

他の部屋のランプは緑色に点灯していました。

私の泊まっていた隣の部屋には誰もいないことになります。

ランプが故障している可能性もあるのですが、それをフロントに確かめることもせず、臆病な私は朝までコインランドリーで漫画の本を読んで過ごしました。

なぜフロントに確かめたり苦情を言わなかったのかというと、もし「でましたか」とか「そうですか、、、では代わりのお部屋を用意します」などと言われたら、その部屋がいわくつきの部屋だということが確定してしまうからです。

朝、7時ごろに部屋に戻ると、部屋に何も変わったところはなく、疲れ切った自分は、もう一度ベッドに横になり眠りにつきました。

しかし、隣の部屋のランプはやはり赤のままでした。

一体、あの夜の経験は、単なるランプの故障だったのか、それともその部屋と隣の部屋で何か恐ろしい事件があったのかわからずじまいです。

それ以降、変に安いホテルには泊まらないようにしています。


執拗で陰湿なストーカー男の奇怪な行動の数々…|人生で一番の恐怖体験

20代女性が語る人生で一番の恐怖体験:執拗で陰湿なストーカー男の奇怪な行動の数々…

数年前、知人に紹介された職場に勤めることになったのですが、その職場で知り合ったある男性が私をストーカーしだしました。

その男性は、職場の社員ではないのですが、関係者として毎日のように訪れていました。

毎日職場のまわりを自転車でうろうろしながら、事務所にいる私の様子を窓から確認しているようでした。

毎日毎日続くので、どうにかできないかと上司に相談すると、その男性は少し知的障がいを持っていて、私と入れ替わりでやめていった女性も、被害に悩んでいたということでした。

しだいにストーカー行為も悪化していき、事務所に頻繁に電話もくるようになりました。

あるとき事務所を出て隣の建物に移動していると、後ろから視線を感じました。

振りかえると、その男性が数メートル先からこっちにニヤニヤしながら自転車に乗って蛇行運転してきたのです。

その時、わたしはいつか刺されるんじゃないかと恐怖におののき一目散に隣の建物へダッシュしました。

数分後、居ないことを確認し、事務所へ戻りました。

ですが業務を終え帰宅しようと駐車場へいくと…居ました。

待ち伏せていたのです。

特になにもすることなくじっとこちらを眺めていました。

結婚後、寿退社しましたが、やはりその職場を辞めたのはそんな事も一因としてあったかもしれません。


ストーカー!?徒歩で帰宅中ずっと後ろを付いてくる男…|人生で一番の恐怖体験

30代女性が体験した人生で一番の恐怖体験:ストーカー!?ずっと後ろを付いてくる男

それは10年以上前の事。

私は進学の為に某市へ引っ越しました。

そこで一人暮らしを始め半年くらい経ったある夏の日の事です。

その日は学校へ行った後一度家へ帰りました。

そして日も暮れた頃、私は友人と会うため再び出かけました。

住んでいる街は比較的都会で電車などもあったのですが、目的地がわりと近くだったので貧乏学生の私は徒歩を選択。

これが実は大きな間違いで恐怖への始まりとも知らず、愚かな私は20分程の道を歩いて行きました。

やがて目的地へと到着。友人らと会い特にお店に入るでもなく、その辺で他愛もない話をしていました。

しばらくしたのち私は一人で帰ることにしました。

夜の8時くらいだったと思います。

人通りも多い場所でしたし、帰りも徒歩で帰る事を選択してしまったのです。

そっからでした、恐怖の入り口は。

というか気が付いたのがその時。

なんだか私のすぐ真後ろに怪しげな男がいるな、と、一瞬だけ振り返ったのですがさほど気に止めずそのまま歩き続けました。

横断歩道を渡って、向こう側の道に私が移動したらその男はついて来なかったので、私も気のせいだったと安心?しちゃったんですね。

そしたら道路一本挟んでその男がずう~~~っとついて来るんです!

平行線というか…そのまま歩く事数分、男が私をつけている事を確信し!逃げる方法を足りない頭で必死に考えたその時。

ちょうど目の前、こちら側の道に車が止まり、その車の陰に犯人から見えないように隠れました。

すると、しばらくは普通に歩いてた男が急にハッとして振り返り!辺りをきょろきょろ。

その男がこちら側の道路に走って渡って来たのが車の影から見えたので、マズイ!このままじゃ見つかる!男がこっちに来る~どうしよどうしよ…

そうだ!

今私は車の右側にいて男はさっき左側にいて今右側に来ようとしてるんだから、今度は私が車の左側に移動すれば見つからずに逃げられるかも!

男が私が隠れている車の方に向かって来るのを見計らい、右から左へ、こそ~っと移動&避難。

その間の嫌なドキドキ心臓バクバク感と言ったら!もう!!言い表せません。

無事?男が私&車の横を通り過ぎたので、ダッシュで横道に。

建物の隙間から去りゆく男をこっそり覗くと…コンビニに入り必死できょろつき探し回っている様子。

そのまま横道から走って何とか無事家に帰れましたが…当時は警察にも言えず…とても怖い体験でした。


人生で一番の恐怖体験「友人の無謀な運転で…」

30代女性が語った人生で一番の恐怖体験「友人の無謀な運転で…」

友人二人と私の三人で深夜にドライブをしている時に、大事故寸前になったことが人生において一番怖かった出来事です。

しょっちゅう遊び歩いている地元の仲間で、いつもの様に深夜にご飯を食べに行くことになり通いなれた道を走っているときの事です。

深夜ともあり交通量はまばらで、地元から出てすぐの国道の二車線ある右折レーンで右折待ちしている時に、運転してる友人は何を思ったのか、猛スピードで向かってくるダンプの前に飛び出しました。

私は助手席に座りもう一人の友人は左後方に座っていて、けたたましいクラクションとハイビームですぐそこまで迫るダンプに悲鳴を上げました。

すると、運転してる友人は「あっいけない…」となんと右折レーンでバックにギアをいれて、勢いよくバックをはじめました。

しかし右折レーンの後方と隣の右折レーンにも後続車がいて、パッシングされクラクションを鳴らされ行き場所を失った友人は再度勢い良く前進しました。

その間に信号が変わり、正面からやってきた作業車両に正面衝突寸前で、私ともう一人の友人は青ざめて死を覚悟しました。

周りの景色が一瞬スローモーションの様に再生されたのが今でも脳裏に焼き付いています。

幸いにして、周りの車両が全て止まってくれたので大事故は回避されましたが、最悪のケースを考えると計6台の絡む大事故になっていました。

交差点を過ぎて停車した時に運転してる友人が発した一言が更に恐怖で「みんな危ない運転しているなぁ…」

後部座席の友人がすぐさま運転交代でご飯を食べずにそのまま帰宅しました。

事故を起こしそうになった友人はペーパーでもなく、無免許でもなく運転歴は10年ほどあります。

しかし以後、トラウマになった私たちは彼が運転するときには出掛けないと言う暗黙のルールすら生まれてしまいました。

本当に危険意識の薄い友人の運転は怖いです。


人生で一番の恐怖体験「突然会社に届いた給料差し押さえの通知」

30代男性が語る人生で一番の恐怖体験「突然会社に届いた給料差し押さえの通知」

自分が最も怖い体験をしたのは、借金取りからの給料差押えです。

会社で聞いたときは背筋が凍りましたね。

これからどうやって生きていこうか?自分は嫁と子供が二人、家族がいるのにどうやって暮らしていこうか?と考えました。

なぜこうなったかというと、自分はお金に関してはきっちりしてる方なのでクレジットカードやキャッシングしたとしてもちゃんと支払いをしていました。

問題は嫁の方です。

日常で使うお金の管理は出来るのですがお金に対してはルーズなのです。

そこが今回は仇となりました。

嫁は独身の時に多額の借金があり、結婚してからも新聞配達などしてコツコツ返していたみたいなのですが、下の子が産まれる前に子宮から出血してしまい、入院をすることになったのです。

まあこれもある意味怖かったですけどね。

入院をしてしまったので働けなくなったので収入がなくなってしまいました。

そこでお金を借りてる会社に事情を話せばよかったのに話さずほったらかしにしていました。

自分がそれに気づいたのは嫁宛に届いた裁判所からの手紙でした。

出廷要請です。

まだ嫁は入院をしていましたので嫁に連絡して相手と話し合うか自己破産しろと言ったのです。

しかし、嫁はそれを無視し続けました。

嫁は病院から家に帰ってきて医者には安静と言われていたので仕事ができません。

自分もこのときにどうなったか聞けばよかったのですが、仕事で忙しく帰ったら寝るの繰り返していました。

ある日、会社から急に呼びだされて給料差押え要請が来てるけどどういうことや?と言われて、裁判所からの手紙を見たら自分の名前で給料差押えの要請が来ていました。

さすがに飛び上がりました。

会社名を見ると嫁の借金している会社の名前でした。

嫁は自分を黙って連帯保証人にしていたのです。

家に届く自分宛に裁判所から来る手紙も嫁が隠してわからないようにしていたのです。

帰ってから嫁と話し合い、嫁は迷惑をかけたくなかったからと言いました。

離婚はしなかったですがどう返済していくか相談しました。

これにはさすがに怖かったですね。

今は借金をコツコツ返しています。