実際に心霊体験をした人が語った実話まとめ2

スポンサーリンク

中学の頃に体験した金縛り 40代女性

中学のころ、続けてかなしばりにあっていました。

いつもはかなしばりにあうと、目を閉じて少し静かにしているとかなしばりがスッととけるのですが、その日はなかなかとけず、困ったな〜、どうしようかな〜と思っていました。

かなしばりの時はもがいてもどうにもならないし、声も全く出ないと何度か経験してわかっていたので、無駄な抵抗はせず、かなしばりがとけるのを待ちました。

私はうつぶせで顔だけ横に向いた状態でかなしばりにかかっていたのですが、腰の辺りが重くなり、ふと振り向くと長い白髪の老婆が私の背中にまたがり、私を押さえつけていました。

えーっ!と声をあげましたが、声は出ませんでした。

怖くて怖くて、目を閉じて南無阿弥陀佛とひたすらとなえていました。

かなしばりがとけた後、あれは何だったのか?と考えましたが、誰も信じるわけがないと思い、黙っていました。

体育すわりをする男の子 30代女性

あれは、私が、20代前半で体験した事です。

私は、その頃付き合ってた彼氏かいました。

その彼氏の友人の家に、たびたび遊びにいきました。

友人に奥さんと子供がいて仲良くさせて貰いました。

ただ、住んでいるアパートに行くと、不思議な感覚に陥りました。

何でかなと思っていたら、その理由がわかりました。

ある日、その友人家族の部屋で、鍋パーティーがあり、私達も呼ばれました。

いつものように、部屋に入ると、押し入れがあいていたので、そこに目をやるとびっくりしました。

小さな男の子が、顔をうつ伏せして、体育座りしていたのです。

私は、友人のお子さんがいたずらでいると思いましたが、小さな男の子はいなかった事を思い出しました。

私は、ゾッとして目をそらしました。

とりあえず、この事は、友人家族に伏せておきました。

それから、数ヶ月たちました。

その友人家族の部屋に行くたび、押し入れの中に、男の子がいましたが、私は、何も危害を加えないので、そっとしていました。

ある日の事、友人夫婦とスナックにいきました。

話の流れで、霊感の話がでてきました。

私は、酔ったせいか、つい、友人夫婦の部屋にいる男の子を話をしました。

話をしていたら、奥さんの顔が驚きの表情に。

私は、怖がらせたと思い、謝りました。

奥さんは、こう言ったんです。

その男の子は、見たことある。と。

ちょうど上の階に住んでいる女性の人も霊感が強く、押し入れの中に、男の子がいると言われたそうです。

私やその場にいた人達は驚きのあまり、何も言わなかったです。

あれから、半年後に彼氏と別れたので、その友人家族も会わなくなったので、その男の子は、どうなったのかわかりませんが、今でもあの押し入れの中に、いるのではないかと思います。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする