怖い話実話まとめ短編7|耳元で囁く声、祈祷師の祖母が原因で…

スポンサーリンク

耳元で囁く声 投稿者:20代女性

私は学生時代、当時付き合っていた彼と部屋で寝ていました。

ある日の夜中に目が覚めて、とても嫌な感覚があり怖くなりました。

そう思ってる内にみるみる身体が固くなり、金縛りのようになりました。

そこで、急に耳元で、「うふふふ・・うふふふ・・」と女性が笑う声が聞こえ出したのです。これはやばい!と思っていると、次々に笑い
声が増えていき、ついには男性の笑い声まで聞こえてきたのです。

どうしようと困ってると、急に腕をぐいっ!!っと引っ張られて、身体を起こされてしまいました。

これには本当にびっくりして、ぎゃー!っと叫ぶと彼が目を覚まし助けてくれました。

「今、引っ張られた!」と事情を説明し、周りを確認してくれましたが何もいませんでした。

本当に怖かったです。

実際に起きた詐欺の手口 投稿者:70代男性

あるとき電話があリまた。

何でも私に上場前の株券があったというものです。

金額は100万円。

一式書類を送るから、指定口座に振り込んでくださいと。

なんで私にあったのですかと聞くと。

こちらにも資料があるから、貴方が選ばれたのだと。

運がいいのだと。

書類を見て、検討してくださいと。

上場すれば何倍にもなると、損をする話ではないですよと。

どうして上場するのかとまたその時期はいつなのかと聞くと。

はっきりしたことはいえない、秘密だとか。

100万円では損はないですよと。

何倍になって戻ってきますと。

なんとなく、うさい臭い話ですね。

そんなうまい話はないでしょうと。

また見ず知らずの人に情報を教えることは起こりえない話だといいました。

最後にそんな金はないと、また携帯も持っていないといいました。

そしたら電話は切れてしまいました。

これは俺々詐欺まがいの手口でしょう。

そんなにうまい話はころがっているものではありません。

欲をかくとごまかされます。

クローゼットから聞こえてくる音 投稿者:20代女性

私の部屋にはクローゼットがあり、そのクローゼットには亡くなった祖母が弟へお祝いにプレゼントしてくれた立派な人形がありました。

私は人形の恐怖体験談をよく耳にしていたので、ほんの少し怖い気持ちでいました。

そんなある日、急にクローゼットから「ドンドンドン!ドンドンドン!!」っと叩く音がしたのです!

誰もいないハズの2階。どうしよう・・と思った瞬間、そのクローゼットが勝手に開いたのです!

一瞬で殺される!と思った私は、叫びながら猛スピードで下へ降り、父親へ助けを求めに行きました。

そして父親にチェックしてもらいましたが、特に何も変わった事はありませんでした。

あれは一体何だったのか今でもわかりませんが、無事に生きてて良かったです。

祈祷師の祖母が原因で… 投稿者:40代女性

それは夏のある日、当時一人暮らしをしていて、深夜にベランダ洗濯物を取り込んでいました。

すると、左足の親指の付け根にするどい痛みを感じました。

よく見ると、ガラスの破片が刺さっていました。

ベランダにガラスなんて捨てるはずはないのになんでだろう。

すぐに傷を手当てしました。

その1週間後、同じ様に、同じ時間にベランダで洗濯物を取り込んでいました。

するとまた全く同じ部位にまたまたするどい痛みを感じました。

またガラス???と思ったら、なんと蜂がいるではないですか!!!

同じ部位を刺されました。

何か奇妙で、気持ち悪くて仕方がありませんでした。

その翌日の夜、無性に祖母と話したくなって、実家の祖母に電話しました。

祖母は祈祷師をしていました。

全国から祖母を頼ってくる人もいました。

そしてこの不思議な話をしました。

その瞬間

『ごめん!!!』

謝る祖母。

『お払いして払った霊が、お前についた、、、4体分・笑』

・・・???

つまり、そのお払いして私についてしまった霊が、私にいたずらをしたというのです。

電話越しですが除霊をしてもらいました。

『取れたよ・笑』

はい、それから不思議なことはなくなりました。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする