怖い話実話まとめ短編133|お風呂から出てきた白い靄、霊感のある親子

スポンサーリンク

お風呂から出てきた白い靄 投稿者:40代女性

霊感の強い叔母から聞いた話です。

叔母の家で、義母が耕運機に巻かれて亡くなったのちにその心霊現象は起きたそうです。

ある日、お風呂を沸かす為に水を入れるのに、お風呂の蓋を外した瞬間の事です。

白い靄が、叔母に覆いかぶさるように襲ってきたそうです。

その靄はすぐにきえたそうですが、お風呂を沸かす前なので湯気ではない事は確かです。

その場に一緒に居たネコも、何かを感じ取ったらしくじっと一点を見つめていたそうです。

その後も、寝ている時に何かがずっしりと体の上にのしかかる様な息苦しさをかんじたり、足首を急に掴まれたりと心霊現象は続いたそうです。

その後は、恐ろしくなり引っ越しました。

義母は前から、叔母の事をよく思っていなかったと後で聞きました。

それと、何か関係があるのでしょうか?

会いに来たおっちゃん 投稿者:30代男性

この話は実際にご近所で起こった怖い話ですが心が温まる話です。

近所に子供の頃から通っていた夫婦が営む駄菓子屋さんがあったのですが、おっちゃんは会社に勤め、おばちゃんは駄菓子屋さんの店番をしてる仲良し夫婦でした。

いつも道りおっちゃんは会社に行き、おばちゃんは店番をしていました。

おばちゃんはお昼になり昼食をとっていると会社にいるはずのおっちゃんが帰ってきてこっちを見て笑っていたらしいのです。

おばちゃんは「あんた仕事はどうしたの?」と聞くと何も言わず笑いながら消えてしまったらしいのです。

その数分後電話が鳴り「旦那さんが先程仕事中の事故でお亡くなりになられました」と連絡があったのです。

きっとおっちゃんはおばちゃんに最後に笑顔で会いにきたんでしょうね。

霊感のある親子 投稿者:30代女性

友人のおねえさんのお話です。

もともと霊感があった彼女の子どもも霊感が強く、よく幽霊を見ていたようです。

ある日別居していた旦那さんの部屋に荷物をとりにいくと、子どもがいきなり泣き出しました。

明らかに何かに脅えている様子で、一点を見つめています。

この顔のときは、と彼女は思ったそうです。

「どうしたの?」と聞くと子どもは泣いて震えながら、テレビを指差したのです。

彼女もみえるので、その影を見逃しはしませんでした。

ふっとな男性の生首が飛び出してきました。

とっさに子どもを抱えてその部屋から飛び出しましたが、生首は追いかけてきたそうです。

部屋からでたら気配も消えたようですが、もう二度とその部屋には入らなかったと聞きました。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする