「 心霊体験実話 」一覧

彼女に何が…!?北海道札幌市の廃屋で起きた心霊体験|心霊スポット

北海道札幌市白石区米里にある廃屋には昭和50年代に一家心中した家族の霊が廃屋の窓から見え隠れするとか、子供の話し声が聞こえるなど近隣住民から多数の目撃情報が寄せられ、その筋の情報誌にも掲載があったほどです。

以前から心霊スポットとして有名で深夜に若者が肝試しに訪れ、週末には賑わいすら見せていました。

しかし20年ほど前に建物が取り壊され一時期のブーム的なものは去りました。

建物が無くなった今でも未だに土地の買い取り手はなく鬱蒼と生い茂った雑木林が不気味さを漂わせています。

今でこそ幽霊の目撃情報こそないものの、土地を売りに出す度に地主が謎の失踪したり、謎の死を遂げたりと買い取り手が何度も変わっており、最終的に札幌市から競売にかけられているそうです(あくまで噂です。ウラは取れていません)

友達が今から数年前に他の友達2人と軽いノリで行ったそうですが、友達の彼女の具合が悪くなり、その娘を車中に残して建物が立っていたであろう場所を散策したそうです。

何もなく、これ以上歩き回っても仕方ないと判断し車に戻ったそうですが、車内で待っているはずの友達の彼女がおらず、いくら辺りを探しても見つからなかったそうです。

その数分後に彼女から彼の携帯に連絡があり、数百メートル離れたコンビニにいるから迎えに来てほしいとのことでした。

そのコンビニに車で行くと駐車場に呆然と立ち尽くしている彼女が居ました。

友達がなぜ車から離れたのか?何があったのか?と、問い詰めても泣きじゃくるばかりでまともな返答はなかったそうです。

その友達はその後すぐその彼女と別れてしまったのでどうなったか知りませんが…。

彼女の身に一体何があったのでしょうか。

今となっては知る術はありません。


【危険】反時計回りで呪われる…!?福井県にある「東尋坊」「雄島」とヤバ過ぎる|心霊スポット

福井の心霊スポットといえば、福井県民なら誰でも知っている「東尋坊」と「雄島」でしょう。

東尋坊は手すりも何もない断崖絶壁で、昼間は絶景スポットとして知られていますが、人気のない時間になると全国各地から自殺志願者が集まり、崖から身を投げて自殺します。

自殺者の遺体は、潮の流れによって近くのある島へと流れ着きます。

これがもう一つの心霊スポット、「雄島」です。

雄島は1時間程度で1周できる小さな島で、岸から伸びる赤い橋が美しい場所ですが、実は霊的には東尋坊よりも危険な場所だそう。

東尋坊でも霊の目撃例は相次いでいますが、以前テレビで雄島が取り上げられたときには、霊能者が「こっちの方がやばい」と言ったほど。

実際に、霊感のある友達を夜の雄島に連れて行ったところ、あからさまに顔色が悪くなり、橋を渡りきらないうちに「いっぱいいすぎて本当にやばい、もう帰ろう」とギブアップしていました。

なお、雄島に入るなら必ず時計回りで1周しなければならないというルールがあります。

万が一それを破り、反時計回りで1周してしまうと…その人に呪いが降りかかり、不幸が訪れるのだとか。

雄島で肝試しをしたい方、くれぐれも反時計回りで回らないようにしてくださいね。


福岡県で有名な「犬鳴峠」で実際に体験した心霊現象|心霊スポット

福岡に人なら誰もが知っている場所です。

それが、犬鳴峠。

ここは福岡の人なら誰しもが知っている有名な場所です。

犬鳴峠にはトンネルがあり、聞いた話によるとそのトンネルの中で殺された人がいる。

そして皆はその犬鳴峠へ行く最中に事故にあったりと数々の心霊現象があったと。

私が20歳くらいの時。

周りが車の免許を取得し、ドライブによく行く年頃でした。

もちろん犬鳴峠の事は私達も知っていて、肝試しという事で私含めて5人で行くことになりまた。

私は怖いのは本当に苦手で、皆が行くというのでしょうがなく行くことになりました。

いざ、犬鳴峠へ着くと車が止めれる所から有名なトンネルまでへは歩いて行くしかなく。

置いて行かれるのはとてもじゃないけど、怖がりな私にとっては辛すぎる選択だったので付いていくことにしました。

トンネルの前まで着くと、トンネルは聞いたとおりコンクリートのブロックで塞がれていました。

そのブロックは一番端っこは空いていて、なぜかかろうじて人が入れるスペースがあり人によっては中まで行く人が居るらしいのですが。

私達にそんな勇気もなく、すぐさまに車の元へ戻ることに。

そんな時。ある友人が「なんか感じる。」と言い皆怖がって足早に戻りました。

戻っている最中…

私はずっとヒールのような歩く音が聞こえていましたが、勘違いかもしれないと怖がりの私はなにも言えないまま車の元へ。

すると…友人が。

「俺さここまで帰って来る時に、ずっとヒールの音が聞こえてたんだけど。お前そんな靴履いてたっけ?」

と聞きましたが、私はその時そんな音が出るような靴ではなく普通のスニーカーを履いていました。

そして私も…

「ごめん、実は私も聞こえてた。でも、女の子…私以外居ないよね…?」

そうです。

その時のメンバーは私以外は皆男友達でした。

私の勘違いだと思っていた音が実は他の友だちにも聞こえてて。

私たちは怖くなってそのまますぐに帰宅しました。

その後、犬鳴峠について調べましたがヒールを履くような成人女性が殺害されたような事はあまり見つかりませんでした。

このように不気味な事が本当にここではあります。

他の友人からも沢山聞きました。

本当にあまりオススメはしませんが、気になる方は是非調べてみて下さい。


お盆の海で体験した恐怖心霊体験まとめ6選|怖い話実話

お盆になると昔から「怖い事が起こる、霊がいる」から海に入ってはいけないと言われていました。今では、お盆の海は危険だからそれを暗に示した迷信だとバカにする人も増えましたが、それでも、お盆期の海で恐怖体験や心霊体験をしたと語る人がいるのもまた事実。ここでは、そんな実際にあったお盆の海での恐怖体験や心霊体験をまとめました。

暗闇の海で泳いでいたものは…|20代女性

これは私が小学生の時の話です。

お盆休みは毎年恒例で家族ぐるみで仲が良かった友達の別荘に泊まりに行ってました。場所は勝浦の海辺の近くです。

いつもの如く、スイカ割りをしたり、ゲームをしたり、海辺で水遊びをしたら楽しい思い出だらけです。

ところが、肝試しをすることになり別荘から海辺までいって帰ってくるというゲームをすることになり、そこで恐怖を味わうこととなります。

幼かったせいか、人気のない夜道を歩くだけでも恐怖だったのですが、浜辺につき、海の音が聞こえなんだかリラックスした気持ちになりました。

そのまま興味本位でせっかくここまで来たのだからと思い、暗い海をのぞいて見たらなんとそこには誰かが泳いでいるように見えたのです。

魚やくらげや亀とは違い、人型で長い髪のが見えた気がしたのです。

ゾッとしましたが、気のせいだと思い走って別荘へ帰りました。

その後しばらく背後に違和感を感じお風呂場やトイレなど一人になる瞬間の背後常にゾッとする感じがあり大変怖かったのを覚えています。

実際に何かが触れたわけでも無いのですが、何か感じるときは本当にそこには霊が存在するという話を聞いたことがあったので、余計に恐怖でした。

しばらくあの別荘にはいっていません。

溺れかけた私の足に絡みついていたもの…|20代女性

お盆の時期になり祖父母のところに遊びに行った時の話です。

祖父母の家の近くには海水浴場があり毎年夏になると海を楽しみにたくさんの人たちが来ていました。

当時の私は中学生でまだ幼さがあり海で泳いだりと遊んでいました。

その時、浮き輪を使いプカプカと浮いていると足になにかが当たるのがわかりました。

海なので海藻などが足に当たっているのだろうと思い何も気にしなかったのですが、徐々にその海藻が足に絡まって行くのを感じました。

足が重くなっていき危ないと思い必死に足から海藻を取ろうとしたのですが取れずに浮き輪から体が離れました。

そんな時、丁度近くを泳いでいた男の人に助けてもらい、溺れずにすみそのまま男の人に浜辺まで運んでもらいました。

浜辺に着き、足に絡まっていたものを取ろうとして足に目をやると、確かに海藻が足に絡みついていましたが、明らかに海藻ではないものも足に着いていました。

それは、女性の髪の毛であろう長い髪でした。

最初に私の足に絡みついたのがその長い髪の毛でその髪の毛に絡まり海藻が絡みついたようでした。

それを見た瞬間私を始め私を助けてくれた男の人や一緒にいた父や母もゾッとしました。

急いで、足に絡みついた髪の毛を取り、私達家族は助けてくれた男の人にお礼を言い祖父母家に帰りました。

祖父母に海での出来事を話しましたが特に心当たりがあるわけでもなく水難事故があった訳でも無いみたいで、あの私に絡みついた髪の毛は何なのか未だに謎です。

お盆の海はクラゲにご注意…|20代女性

25歳の時に、地元の海に友人と遊びに行きました。

学生の頃は毎年夏になると海に行っていた仲間なのですが、社会人になってしばらくは遊んでいる暇もなく、数年ぶりにお盆の帰省で予定が合いそうだったので、思い切ってドライブがてら海水浴場に出かけました。

久々の再会とロケーションにテンションが上がり、3人とも海の家でビールをおかわり。

知らず知らずだいぶお酒が進んでいました。

いい気分で海にプカプカ浮かんで空を見上げていると、突如脚に激痛が!慌てて水の中を見てみると、クラゲが脚にまとわりついていました。

よく見ると、1匹だけではなくあちこちにクラゲがウヨウヨしています。

回りを見渡すと、人が泳いでいるエリアはだいぶ遠くに。気分よく浮かんでいるうちに、1人だけ遠くに流されてきてしまったようです。

元々泳ぎが得意な方ではなかったのとお酒が入っていたのとで、半ば溺れながらなんとか岸に泳ぎ着きましたが、その後海の家で刺された跡の処置をしてもらったりした記憶はほとんどありません。

学生のころであれば、お盆になればクラゲが出る事くらい分かっていたはずですが、久々の友人との再会や青い海にすっかり浮かれてしまい、とても恐ろしい目に遭いました。

死体が流れ着く海|30代女性

私の祖母の家の前が海なのですが、海水浴場といった海ではなく、海藻が沢山あって、泳ぐと海藻が足にからまって足をとられてしまうという、遊泳禁止の海でした。

その海岸には、よく、昔から、死体が流れ着いてくると、祖母からきいたことがありました。

実際行方不明になったかたがそこの海岸であがったりといったことも私が、祖母の家に遊びに行った時にありました。

それからというものの、見たわけではないのですが、その海が一気に怖くなり、私はあまり近寄らなくなりました。

言う人によってはお盆の時期に、そこで上がった人達が、他の人たちをまきぞえにして、海に引き釣りこむという話もきいたことがあります。

小さいながらも怖く、なんで遊泳禁止なんだろうと疑問に思っていたのですが、もしかしたらそういう理由もあるのかなと少し思ったりもしました。

いまでもその海は遊泳禁止で、波も高く、人があまりよりつかない海岸で有名です。

磯遊びをする子供もいません。

たまに観光客の人とかが海に入っていますが、通り係りの人とかに注意をされています。

波が荒いのもそういわれる影響があるのかもしれませんが、ちょっとそれをきいたり、体験してからというもののやはりちょっといきたくない海の一つです。

お盆の海で亡くなった友人|40代女性

「お盆に海に入るのは良くない」と子供の頃から聞かされてきました。

しかし実際のところ、子供の頃に、夏休み中で親が海に連れて行ってくれるのはお盆くらいなものでした。

私は今のところ自分自身で怖い思いをしたことはありませんが、それでもやはり海には入れません。

それは、子供の頃に言い聞かされていただけではなく、「実際に友人がお盆に何人も海で亡くなっている」からです。

もちろん1人ずつ別な年です。

お盆の時期は夏休みでもあるため、海で遊ぶ人が多いことから「水難事故が起こりやすい時期」だとも思っています。

そのため、過去の事故に関して、「やむをえなかった」、と思ってはいるのですが…その亡くなったうちの数人は、「良く晴れていたのに、その人が海に入ったらあっという間に霧が出た。そして、いつのまにかいなくなっていた」というような目撃証言があるのです。

直前まで晴れていたのにいきなり霧が出て、泳ぎが得意だったはずの人が溺れる…偶然とはいえ、とても怖い話だと思っています。

霧が出て視界が悪くなれば、泳ぐのも大変でしょう。

だから必ずしも心霊現象であるとは言えないのですが、心霊現象ではないとしても、とても怖い話だと思っています。

お盆の時期、海の近くの旅館で聞こえた足音の正体は…|20代女性

私は10代前半から後半にかけて両親の仕事の都合で海外での生活をしておりました

そのときに知り合った同世代の日本人の女の子がいるのですが彼女のお母さまが霊感の強い方で何度も霊視体験をしているとのことでした

彼女から聞いた話の一つにお母さまと彼女がお盆に海へ旅行したときのエピソードがあります

彼女にも許可を取ったのでここでご紹介します

お母さまと彼女は海の近くの旅館に泊まっていました

感覚の鋭いお母さまは最初からその旅館に妙な空気が漂っていると思ったそうです

夜になりお母さまと彼女が眠りについたあとふとお母さまだけが目を覚ましました

するととことこと足音が聞こえてくるので初めはきっと自分の娘が部屋の中を歩いているのだろうと思ったようです

しかし何だか変な感じがしたのでよくよく見てみると足が見えたのですが10代後半の娘の足にしてはちょっと幼い印象がしたようなのです

おかしいと思ったお母さまは廊下に出て足音の正体を確認したのですがそこで見たのは小さな女の子の二本の足だけそこから上はなかったそうです廊下を歩いていく様子だったそうです

よく霊を見かけるお母さまでもさすがにゾッとした体験だったみたいです


栃木県の小山市にある廃病院「東洋診療所」で起きた怪奇現象|心霊スポット

数年前に行った心霊スポットで体験したお話をします。

栃木県の小山市にあります、東洋診療所という廃病院に友達4人で行きました。

夜中の1時位に到着して、まず外回りから外観を見てきました。

敷地内に一歩入ると何だか別世界のような雰囲気になり、不気味さが増しました。

入り口のガラスが割られていて中に入ると真っ暗でしたが、目が慣れてくると少し見えてきました。

1階を徘徊していると、おそらく事務所だったような場所に着きました。

患者のカルテや、テーブル、イス度が散乱していました。

1階は、特に何も起こらず2階へ上がりました。

2階には、診察室や手術室がありました。

手術室に入り、散策していると、医療機器が置いてありました。

不思議と思った事が、1階、2階の他の部屋はかなり散乱しているのに、何故か手術室だけ割りとキレイで窓ガラスも閉まったままでした。

そこで、友達たちとふざけて写真を撮ったり手術ゴッコをしたりして笑っていました。

手術室を出て、次は3階へ上がりました。

3階を散策しましたがこれと言った収穫が無かったので、そろそろ出ようと言う事になり外へ出ました。

外で、病院をバックに写真を撮ろうと言う事になり、撮影しようとした友人が固まりました。

後ろを見ると、さっきふざけていた手術室の窓ガラスが開いていたのです。

部屋にいた時は確実に閉まっていました。

やはり、あの部屋には何かいるんだな思いました。


霊感のない人間でも「ヤバイ!」と感じる熊本県熊本市の田原坂公園|心霊スポット

熊本市で有名な新霊スポットは田原坂公園です。

現在はツツジや桜の名所として有名ですが、敷地内に西南戦争の資料館や慰霊碑がある遺跡で、国の史跡に指定されている場所です。

私はまだ行ったことがないのですが、「出るらしい」「ヤバイ」といった話を聞いたことがあります。

霊感はほとんどない私ですが、絶対に行きたくないと思ったエピソードがあります。

私は温泉と運転が好きで、時々玉名までドライブがてら温泉に入りに行くのですが、田原坂公園の前を通っただけで身体の半分が冷たくなります。

左に田原坂公園があれば左半身が、右にあれば右が冷たくなる、といった感じです。

それは同乗者の友人や家族とおしゃべりに夢中になったり、運転に集中したりしていても、急に身体の半分が冷たくなるので「今田原坂の入口通過したでしょ?」と分かります。

同乗者は私がよそ見しながら運転しないと知っているので、なぜ分かったか不思議がりますし、分かった理由を答えると怖がります。

5月に久々に玉名温泉へ行った際、同乗者にナビをお願いしながらいつもと違うルートで行ったため、田原坂公園を通るのを知らずに運転していたのですが、いきなり右半身が冷たくなり、肩が重くなったのでもしかしてと思ったら、やはり田原坂公園入口を通過したからでした。

肩の重さはしばらく続いたので、玉名に着いてから神社に寄って参拝したら、気持ちが楽になったからか随分良くなりました。

やはり怖い場所だなぁと痛感しました。

霊感のない私でも、通っただけで何かを感じる田原坂公園。

肝試しが好きな霊感をお持ちの方は、きっと楽しめると思いますよ!


東京で霊感が強い人が言ってはいけない場所「東京湾観音」|心理スポット

これは友人から聞いた話です

その友人は友達と千葉県富津市にあるショッピングモールに遊びにいった帰りに東京湾観音にも立ち寄ったそうです

東京湾観音への入り口は雑草や木々が鬱蒼と生い茂っていて観音様が祀られているとは思えないような陰鬱な雰囲気を醸し出していたと言っていました

なんか神聖とは程遠い雰囲気だねなどと話ながら参道を車で走っていると突然助手席の友達が苦しそうに肩で息を始めたそうでどうしたのか訪ねると誰かに首を絞められてる言ったそうです

その友人は霊感が強いそうで普段でも時々普通の人には見えないものを見たりするのだそうです

その友達は参道を進むほどに体調を崩しついにはこれ以上進むのは無理泣きながら息も絶え絶えに訴えたそうです

友人はすぐに車を返し東京湾観音の参道から離れたらしいのですがその間友達は首に巻きついた何かを振りほどくようなしぐさをしていたそうです

少し落ち着いた頃に友達に何があったのか訪ねると首を絞められて海に引きずり込まれそうになった話してくれたそうです

元々海の安全を願って建立された観音像だけに海の事故でなくなった人が助けを求めて周辺をさ迷っているのかもしれません


岡山県倉敷市「古城池トンネル」「鷲羽山」で現れる霊…|心霊スポット

1.古城池トンネル(岡山県倉敷市福田)

岡山県倉敷市の有名な心霊スポットです。

交通量も多く、見かけはそんなに怖そうではないのに、なんでこんなところが心霊スポットなんだろう、と思いながらも、通る時はいつも少し薄気味悪かったのを覚えています。

キョロキョロと左右を見ずに真っ直ぐに前を向いていろ、とよく言われていました。

古城池トンネルは上り用の旧トンネルと下り用の新トンネルが並んでいて、上り用の旧トンネルに心霊的な噂があります。

ここには、車と並走して追ってくるおばあさんの霊が出ると聞いていました。

数十kmのスピードで走るおばあさん。

想像するだけで怖いです。

また、男性ライダーの霊が見えることもあるそうです。

更に、旧トンネルの入り口手前の池には落ち武者の霊が出ると噂されています。

ここはよくオーブが出る場所として知られています。

近所に住んでいた頃は毎日のように通っていましたが、私は幸いにもおばあさんに出会うことはありませんでした。

2.鷲羽山(わしゅうざん)(岡山県倉敷市呼松町)

岡山県では有名な走り屋さんたちのスポットです。

途中に霊園があったり、暗闇にぼんやりと浮かぶ公衆電話があったりと、怖い雰囲気は満ちています。

これは私が経験した話なので、よくある鷲羽山での具体例とは違うかもしれません。

ある日の深夜、友達と鷲羽山スカイラインをドライブしていました。

下りの時です。

そこから上にはもう民家はないよ、ずっと歩いて一山超えないといけないよ、と言うような場所で、30代半ばくらいでがっしりした男の人が、上へ向かって歩いていたのです。

ジーンズのようなパンツは両足とも膝の下でビリビリに破れていて裸足で歩いています。

私と友達は一瞬しんとして、しゃべることができませんでした。

「今の見た?」

「うん、見た」

と言う会話の後も言葉は続きませんでした。

とにかく怖くなって、その後は急いで家に帰りました。

果たしてあの男性はリアルだったのか、この世の人ではなかったのか、いまだに答えは出ていません。


広島県の岩国城の登山道に現れる落ち武者…|心霊スポット

広島県在住の30代女性です。

山口県寄りに住んでいるので、錦帯橋と岩国城には花見や花火大会等で毎年訪れています。

岩国城は山の上に建っています。

岩国城へはロープウェイで登る方法と、登山道を歩いて登る方法とがあります。

遊歩道的なゆるやかな道を小1時間登ります。

夜中に登山道入り口に近づくと、甲冑を着た落武者が現れると後輩から聞いた事があります。

ものすごい殺気を感じて、一定の距離以上は近く事が出来ずに逃げ帰って来たそうです。

城を守り無念にも死んでいった武士の幽霊なのでしょうか。

今も侵入者から城を守っているのかもしれません。

登山道入り口付近や登山道の途中には城主である吉川家の墓が点在しています。

日中、あちこちの墓に興味本位で訪れた事があります。

登山道途中の脇道をそれた所にあった壮大な墓では、かなり位の高い人に上から睨まれている気分になりゾッとした記憶があります。

吉川家の誰のお墓だったかは覚えていません。

昼間でも威圧感から息苦しくなった位なので、夜にはとてもじゃないけど近づけない!と思いました。

錦帯橋や吉香公園手前では夜にフラついても明るく賑やかで恐ろしさは全く感じません。

吉香公園奥の登山道入り口やお墓付近は昼でも息苦しくなる所があるので、夜中に落武者が現れて睨まれも不思議ではありませんよ。


修学旅行で起こった人生で最も怖い体験|怖い話実話

高校生の時に体験した、人生で最も怖い出来事です。

修学旅行で、とある地域に行った時ですが、日中は楽しく観光をして、就寝前はひとしきりみんなで騒ぎ眠りにつきました。

2階が男子生徒の部屋で、3階が女子生徒の部屋という形で分かれていました。

眠りについてしばらくすると、どこからか悲鳴が聞こえて来ました。

慌てて目を覚ますと、悲鳴を聞いたのは私だけではなく、同じ部屋にいたみんなも聞こえていました。

部屋の電気を付けて、何が起きたのか廊下に出ると、上の階から複数人の叫び声が聞こえ、次に泣き声も聞こえて来ました。

先生達が慌てて女子生徒達がいる3階に上がると、6部屋に別れた女子生徒のほとんどが泣いていて、事情を聞くとみんな同じ理由でした。

先生から内容を聞くと、白い着物を着た女性を各女子生徒の部屋の中の入り口付近で、ほとんどの女子生徒が目撃したとの事でした。

ほぼ同時の目撃と、目撃者の多さから疑う余地はなく、身体全身に鳥肌が立ちました。

嫌な雰囲気ながらも、先生達から寝るように言われて、しばらくみんなで話をしてから眠りました。

疲れていたので、すぐに寝付くと畳と何かが擦れる音が聞こえて来ました。

なんだろ?と思い、入り口付近を見ると白い着物の女性が立っていました。

あまりの怖さに声も出せず、固まっていると隣にいた友達も見えているらしく、慌てて電気をつけてくれました。

幻覚ではないので、人生の中で一番怖い体験となっています。