「 心霊スポット 」一覧

彼女に何が…!?北海道札幌市の廃屋で起きた心霊体験|心霊スポット

北海道札幌市白石区米里にある廃屋には昭和50年代に一家心中した家族の霊が廃屋の窓から見え隠れするとか、子供の話し声が聞こえるなど近隣住民から多数の目撃情報が寄せられ、その筋の情報誌にも掲載があったほどです。

以前から心霊スポットとして有名で深夜に若者が肝試しに訪れ、週末には賑わいすら見せていました。

しかし20年ほど前に建物が取り壊され一時期のブーム的なものは去りました。

建物が無くなった今でも未だに土地の買い取り手はなく鬱蒼と生い茂った雑木林が不気味さを漂わせています。

今でこそ幽霊の目撃情報こそないものの、土地を売りに出す度に地主が謎の失踪したり、謎の死を遂げたりと買い取り手が何度も変わっており、最終的に札幌市から競売にかけられているそうです(あくまで噂です。ウラは取れていません)

友達が今から数年前に他の友達2人と軽いノリで行ったそうですが、友達の彼女の具合が悪くなり、その娘を車中に残して建物が立っていたであろう場所を散策したそうです。

何もなく、これ以上歩き回っても仕方ないと判断し車に戻ったそうですが、車内で待っているはずの友達の彼女がおらず、いくら辺りを探しても見つからなかったそうです。

その数分後に彼女から彼の携帯に連絡があり、数百メートル離れたコンビニにいるから迎えに来てほしいとのことでした。

そのコンビニに車で行くと駐車場に呆然と立ち尽くしている彼女が居ました。

友達がなぜ車から離れたのか?何があったのか?と、問い詰めても泣きじゃくるばかりでまともな返答はなかったそうです。

その友達はその後すぐその彼女と別れてしまったのでどうなったか知りませんが…。

彼女の身に一体何があったのでしょうか。

今となっては知る術はありません。


【危険】反時計回りで呪われる…!?福井県にある「東尋坊」「雄島」とヤバ過ぎる|心霊スポット

福井の心霊スポットといえば、福井県民なら誰でも知っている「東尋坊」と「雄島」でしょう。

東尋坊は手すりも何もない断崖絶壁で、昼間は絶景スポットとして知られていますが、人気のない時間になると全国各地から自殺志願者が集まり、崖から身を投げて自殺します。

自殺者の遺体は、潮の流れによって近くのある島へと流れ着きます。

これがもう一つの心霊スポット、「雄島」です。

雄島は1時間程度で1周できる小さな島で、岸から伸びる赤い橋が美しい場所ですが、実は霊的には東尋坊よりも危険な場所だそう。

東尋坊でも霊の目撃例は相次いでいますが、以前テレビで雄島が取り上げられたときには、霊能者が「こっちの方がやばい」と言ったほど。

実際に、霊感のある友達を夜の雄島に連れて行ったところ、あからさまに顔色が悪くなり、橋を渡りきらないうちに「いっぱいいすぎて本当にやばい、もう帰ろう」とギブアップしていました。

なお、雄島に入るなら必ず時計回りで1周しなければならないというルールがあります。

万が一それを破り、反時計回りで1周してしまうと…その人に呪いが降りかかり、不幸が訪れるのだとか。

雄島で肝試しをしたい方、くれぐれも反時計回りで回らないようにしてくださいね。


異様な雰囲気を放つ京都で有名な心霊スポット「首塚大明神」

京都市内から京都市の西に位置する亀岡市へ移動する時に必ず利用する国道9号線。

その9号線峠を越えて亀岡市へ行く際に短いトンネルを一つ通過するのですが、そのトンネルの手前から脇道に逸れると首塚大明神という場所があります。

そこは京都でも有名な心霊スポットです。

心霊スポットといいますが私は全く霊感やその類のようなものがないので、わかりませんが、有名なのは確かです。

首塚大明神は将軍塚と並び、平将門の首が関東の地から飛んできたという伝説が元になっている供養の寺社です。

その寺社までの脇道が異様な雰囲気なのが、この心霊スポットを恐ろしくしている理由であります。

かつては郊外ということもあり、モーテルなどが立ち並んだ時代もあるのでしょうが、その繁栄も今は昔、廃墟と化したその一帯は見る影もありません。

所々にモーテルや民家が打ち壊されたまま放置され更地にする資金もないのでしょう、見事にお化け屋敷となった寺社への登り道は怖さを助長しています。

その廃墟街を通過したせいもあるのでしょう、夜間には街灯もない神社は漆黒の闇で覆われ怖い雰囲気がマックスであります。

懐中電灯を片手に整備もそこそこな階段を上ると小さな鳥居がありその先に小さな本殿があります。

これだけ切り取れば、そんなに怖がることもない神社なのですが、場所の所以と至るまでの道が心霊スポットととして成立させたようです。


東京都「多磨霊園」に現れる女性の霊|心霊スポット

京王線「多磨霊園駅」からバスに乗って「車の免許更新所まで行くには広大な「多磨霊園」の敷地内を通ると、霊園の中にバス停があります。

私は雨が今にも降りそうな曇りの日にそれを知らないでバスに乗ったのですが、乗客は何故か私1人だけだったし近くには火葬場もあったので余計に恐怖感がありました。

何故なら以前から、霊園の中央縦断する道路があるのですが、ここでよく霊が目撃されていると言う話しやバスに佇む女性の霊やその道路を横断する複数の霊が目撃されていると言うのを知り合いから聞いていたからです。

そのような場所を自分が普段から利用していると思うといかにもそんな雰囲気の場所なので心臓が止まるくらい身の毛のよだつ思いをしました。

この霊園は著名人のお墓もあるそうですが、無縁仏も多数入っているそうで、さまよう霊が沢山出ると聞いたことばがあります。

夜に何故かお参りする方もいらっしゃるそうですが、そういう方々は特に何回も目撃するそうです。

何故バス停にその女性がたっているのかはハッキリとはわかっていないらしいですが、不遇な死をとげてこの世によほどの未練があり、自分が死んだかさえもわからずずっとさ迷っていれと言う話しも聞いた事があります。


福岡県で有名な「犬鳴峠」で実際に体験した心霊現象|心霊スポット

福岡に人なら誰もが知っている場所です。

それが、犬鳴峠。

ここは福岡の人なら誰しもが知っている有名な場所です。

犬鳴峠にはトンネルがあり、聞いた話によるとそのトンネルの中で殺された人がいる。

そして皆はその犬鳴峠へ行く最中に事故にあったりと数々の心霊現象があったと。

私が20歳くらいの時。

周りが車の免許を取得し、ドライブによく行く年頃でした。

もちろん犬鳴峠の事は私達も知っていて、肝試しという事で私含めて5人で行くことになりまた。

私は怖いのは本当に苦手で、皆が行くというのでしょうがなく行くことになりました。

いざ、犬鳴峠へ着くと車が止めれる所から有名なトンネルまでへは歩いて行くしかなく。

置いて行かれるのはとてもじゃないけど、怖がりな私にとっては辛すぎる選択だったので付いていくことにしました。

トンネルの前まで着くと、トンネルは聞いたとおりコンクリートのブロックで塞がれていました。

そのブロックは一番端っこは空いていて、なぜかかろうじて人が入れるスペースがあり人によっては中まで行く人が居るらしいのですが。

私達にそんな勇気もなく、すぐさまに車の元へ戻ることに。

そんな時。ある友人が「なんか感じる。」と言い皆怖がって足早に戻りました。

戻っている最中…

私はずっとヒールのような歩く音が聞こえていましたが、勘違いかもしれないと怖がりの私はなにも言えないまま車の元へ。

すると…友人が。

「俺さここまで帰って来る時に、ずっとヒールの音が聞こえてたんだけど。お前そんな靴履いてたっけ?」

と聞きましたが、私はその時そんな音が出るような靴ではなく普通のスニーカーを履いていました。

そして私も…

「ごめん、実は私も聞こえてた。でも、女の子…私以外居ないよね…?」

そうです。

その時のメンバーは私以外は皆男友達でした。

私の勘違いだと思っていた音が実は他の友だちにも聞こえてて。

私たちは怖くなってそのまますぐに帰宅しました。

その後、犬鳴峠について調べましたがヒールを履くような成人女性が殺害されたような事はあまり見つかりませんでした。

このように不気味な事が本当にここではあります。

他の友人からも沢山聞きました。

本当にあまりオススメはしませんが、気になる方は是非調べてみて下さい。


”ある理由で”取り壊せない福島県会津若松にある廃ホテル「グランドキャニオン」|心霊スポット

福島県会津若松市に東山温泉街があります。

旅館やホテルがたくさんある中に「グラウンドキャニオン」という廃ホテルがあります。

このホテルは昔、火事になり宿泊していたお客さんが亡くなりました。

そして、焼けてしまったホテルは今も残されたままなのには、理由があります。

ホテルを取り壊そうとすると、その仕事に関わる人が怪我をしてしまうからだと噂されてます。

なので、焼け跡が残っているホテルを温泉街から消してしまいたいのに取り壊すことが出来ないのです。

そのホテルは廃ホテルなので、地元のヤンチャな若者の溜まり場になったり、リンチされた若者がこの廃ホテルで放置されるという事件もありました。

なので、地元の人は、この廃ホテルの前を通るときは足早に通りすぎるのです。

そして、東山温泉街の奥に行くとダムがあるのですが、そのダムの近くには滝があり、自殺する人もいるそうです。

私が20歳の頃、友達と肝試しでその滝へ行こうとしたのですが、ダムまでは辿り着けるのに滝に着くことが出来ませんでした。

その滝は車が入れない所にあるので、徒歩で行くしかないのですが、山林を歩くので昼間でも気味が悪かったです。

滝に辿り着いた人の情報によると、滝は綺麗なんだけれど圧迫された雰囲気で怖いところだと言っていました。


岡山県西大寺ヘルスセンターで”出る”焼身自殺をした女性の例…|心霊スポット

今回紹介する心霊スポットは、岡山県岡山市東区西大寺の西大寺ヘルスセンター(遊園地跡地)です。

事の発端は、遊園地の観覧車付近で女性が焼身自殺をしたことでした。

昔、小高い山のふもとに西大寺ヘルスセンターという名の遊園地がありました。

当事としては県内でも結構大きめの遊園地で有名でした。

今で言う健康ランドと遊園地を合体させたような娯楽施設で、大人も子供も楽しめる場所で多くのお客さんで賑わう場所でした。

この近所の方なら、一度は行ったことのある場所ではないでしょうか。

多くのお客さんで賑わうある日、一人の女性が観覧車付近で焼身自殺をしました。

それだけでは収まらず、その火が遊具などに引火し大惨事を招き、大勢の犠牲者を出しました。

その後、遊園地は閉鎖になりましたが、しばらくして霊の目撃情報が飛び交うようになり一躍有名スポットになりました。

女性の霊が見えるだとか、子供の霊が見える、肝試しで行ったら中からぞろぞろ男女合わせて10人くらい出てきて追いかけられた、社員が首をつって死んだ、といったような噂が噂を呼びました。

取り壊されるまで長期間放置されたため、そんな噂を頼りに心霊スポットとして人々の興味をさらいました。

こうしてこの地は心霊スポット化されました。

現在は取り壊され整備されて、老人ホームが建っています。


静岡県の海沿いの国道の峠にある「廃車」|心霊スポット

学生時代からそこは心霊スポットとして有名でした。

海沿いの国道の峠の途中のトンネルの手前にポツンとある廃車。

学生時代は免許も車も持っていませんでしたので社会人になり、友人達と度胸試しを兼ねてドライブと相成りました。

と、言ってもその国道はよく夜中のドライブと称して行ってはいましたが、友人達との会話で思い出したぐらいに忘れていました。

さて、出陣と称し、普段ドライブし慣れた道を友人達とワイワイ楽しみながら車を走らせました。

数十分してその峠に入る頃には出発したときのワイワイした雰囲気は影を潜み、少し怪し気な、雰囲気が車内に拡がっていました。

結論から言いますと、何も怖いことは、起きませんでした。

ですが、トンネルの手前には確かにポツンと廃車がありなんとも言えない怪し気、恐ろしげな雰囲気があり友人達と一緒にいたから怖気づかなく済みましたが、一人だったら怖かっただろうなと思いました。

そして、友人達私を含め誰一人として、霊感がないと言うことも良かった気がします。

そんなこともありましたが相変わらずその道を使ってドライブはしています。

でもその時はトンネルの方は見ないことにして車で聞くミュージックの音量は上げますけど。

その度胸試しが終わってからふと思いネットで、探したらやっぱり載っていました。

感覚の鋭い人は何か感じるそうで、霊感、感覚が鈍くて良かったと言う体験でした。


栃木県の小山市にある廃病院「東洋診療所」で起きた怪奇現象|心霊スポット

数年前に行った心霊スポットで体験したお話をします。

栃木県の小山市にあります、東洋診療所という廃病院に友達4人で行きました。

夜中の1時位に到着して、まず外回りから外観を見てきました。

敷地内に一歩入ると何だか別世界のような雰囲気になり、不気味さが増しました。

入り口のガラスが割られていて中に入ると真っ暗でしたが、目が慣れてくると少し見えてきました。

1階を徘徊していると、おそらく事務所だったような場所に着きました。

患者のカルテや、テーブル、イス度が散乱していました。

1階は、特に何も起こらず2階へ上がりました。

2階には、診察室や手術室がありました。

手術室に入り、散策していると、医療機器が置いてありました。

不思議と思った事が、1階、2階の他の部屋はかなり散乱しているのに、何故か手術室だけ割りとキレイで窓ガラスも閉まったままでした。

そこで、友達たちとふざけて写真を撮ったり手術ゴッコをしたりして笑っていました。

手術室を出て、次は3階へ上がりました。

3階を散策しましたがこれと言った収穫が無かったので、そろそろ出ようと言う事になり外へ出ました。

外で、病院をバックに写真を撮ろうと言う事になり、撮影しようとした友人が固まりました。

後ろを見ると、さっきふざけていた手術室の窓ガラスが開いていたのです。

部屋にいた時は確実に閉まっていました。

やはり、あの部屋には何かいるんだな思いました。


三重県の肝試し名所「青山高原近くのトンネル」|心霊スポット

私はこういう心霊スポットや話が苦手なので、あえて自らそういう場に遊びに行ったことはありませんが、三重県の青山、名張辺りではいくつかスポットがあるようです。

特に有名で、ここは通らないと名張方面に行けない為、何度も通ったことのあるところですが、青山高原近くにトンネルがあります。

そのトンネルは薄暗く、出口には公衆電話といういかにも感が漂っています。

有名な話は、雨の日そこを通ったタクシードライバーさんが女の人を乗せたが誰も乗っていなかったというのを聞いたことがあります。

山の中で、薄気味悪く私は昼間でも1人ではそのトンネルを通ることが怖いため、避けたいところです。

他にも昔大きな鉄道事故があったトンネルが今は使われずにそのままになっているという話も近くで聞いたことがあります。

私は霊感もなく、そういう場所が全くダメでこの話を書いていることすら、今とても怖い気持ちになっていますが、霊感の強い子からすると、今挙げた場所というのは遊び半分で行ってはいけない場所だと言っていました。

なので、肝試し等、そういう場を荒らすことなく、遊び半分で行くことは避けたほうが無難かと思いますが、季節柄好きな方は訪れてみてはどうでしょう。