「 人生で最も怖かった話 」一覧

人生で一番の恐怖体験「友人の無謀な運転で…」

30代女性が語った人生で一番の恐怖体験「友人の無謀な運転で…」

友人二人と私の三人で深夜にドライブをしている時に、大事故寸前になったことが人生において一番怖かった出来事です。

しょっちゅう遊び歩いている地元の仲間で、いつもの様に深夜にご飯を食べに行くことになり通いなれた道を走っているときの事です。

深夜ともあり交通量はまばらで、地元から出てすぐの国道の二車線ある右折レーンで右折待ちしている時に、運転してる友人は何を思ったのか、猛スピードで向かってくるダンプの前に飛び出しました。

私は助手席に座りもう一人の友人は左後方に座っていて、けたたましいクラクションとハイビームですぐそこまで迫るダンプに悲鳴を上げました。

すると、運転してる友人は「あっいけない…」となんと右折レーンでバックにギアをいれて、勢いよくバックをはじめました。

しかし右折レーンの後方と隣の右折レーンにも後続車がいて、パッシングされクラクションを鳴らされ行き場所を失った友人は再度勢い良く前進しました。

その間に信号が変わり、正面からやってきた作業車両に正面衝突寸前で、私ともう一人の友人は青ざめて死を覚悟しました。

周りの景色が一瞬スローモーションの様に再生されたのが今でも脳裏に焼き付いています。

幸いにして、周りの車両が全て止まってくれたので大事故は回避されましたが、最悪のケースを考えると計6台の絡む大事故になっていました。

交差点を過ぎて停車した時に運転してる友人が発した一言が更に恐怖で「みんな危ない運転しているなぁ…」

後部座席の友人がすぐさま運転交代でご飯を食べずにそのまま帰宅しました。

事故を起こしそうになった友人はペーパーでもなく、無免許でもなく運転歴は10年ほどあります。

しかし以後、トラウマになった私たちは彼が運転するときには出掛けないと言う暗黙のルールすら生まれてしまいました。

本当に危険意識の薄い友人の運転は怖いです。


人生で一番の恐怖体験「突然会社に届いた給料差し押さえの通知」

30代男性が語る人生で一番の恐怖体験「突然会社に届いた給料差し押さえの通知」

自分が最も怖い体験をしたのは、借金取りからの給料差押えです。

会社で聞いたときは背筋が凍りましたね。

これからどうやって生きていこうか?自分は嫁と子供が二人、家族がいるのにどうやって暮らしていこうか?と考えました。

なぜこうなったかというと、自分はお金に関してはきっちりしてる方なのでクレジットカードやキャッシングしたとしてもちゃんと支払いをしていました。

問題は嫁の方です。

日常で使うお金の管理は出来るのですがお金に対してはルーズなのです。

そこが今回は仇となりました。

嫁は独身の時に多額の借金があり、結婚してからも新聞配達などしてコツコツ返していたみたいなのですが、下の子が産まれる前に子宮から出血してしまい、入院をすることになったのです。

まあこれもある意味怖かったですけどね。

入院をしてしまったので働けなくなったので収入がなくなってしまいました。

そこでお金を借りてる会社に事情を話せばよかったのに話さずほったらかしにしていました。

自分がそれに気づいたのは嫁宛に届いた裁判所からの手紙でした。

出廷要請です。

まだ嫁は入院をしていましたので嫁に連絡して相手と話し合うか自己破産しろと言ったのです。

しかし、嫁はそれを無視し続けました。

嫁は病院から家に帰ってきて医者には安静と言われていたので仕事ができません。

自分もこのときにどうなったか聞けばよかったのですが、仕事で忙しく帰ったら寝るの繰り返していました。

ある日、会社から急に呼びだされて給料差押え要請が来てるけどどういうことや?と言われて、裁判所からの手紙を見たら自分の名前で給料差押えの要請が来ていました。

さすがに飛び上がりました。

会社名を見ると嫁の借金している会社の名前でした。

嫁は自分を黙って連帯保証人にしていたのです。

家に届く自分宛に裁判所から来る手紙も嫁が隠してわからないようにしていたのです。

帰ってから嫁と話し合い、嫁は迷惑をかけたくなかったからと言いました。

離婚はしなかったですがどう返済していくか相談しました。

これにはさすがに怖かったですね。

今は借金をコツコツ返しています。


20代女性が語った人生で一番の恐怖体験「突然後ろから胸を…」

20代女性が語った人生で一番の恐怖体験「突然後ろから胸を…」

その時の季節は夏で、私がバイト先から帰る時の出来事でした。

自転車で電灯が少ないところを走ると、携帯から電話がなり私もいけないのですが、走った状態でその電話に出てしまいました。

その時の電話の相手は彼氏でした。

自転車をこぎながら電話に出ていたせいで速度は遅くなりノロノロ運転をしていました。

すると、突然後ろの荷台が重く感じ、振り返る間も無く後ろから私の胸を触ってきました。

私は叫びながらも、携帯を落としたらスマホ画面が割れると思い持った状態で暴れましたが、後ろに乗ってた人はどいてくれません。

恐怖のあまり声も思ったよりも出ず、周りは暗い、恐怖でした。

そしてその状態が1分ぐらい続いたあのようやく荷台が軽くなり、その人がいなくなりました。

私はあまりにも恐怖で、後ろを振り返ることができなく、とりあえず携帯は通話状態のままだったので、その電話に泣きべそをかきながら出ると、彼は心配してくれると思ったのですが、突然私を笑わせようと、

「まだ、お前に魅力があったんだな」

「お尻は平気だったか」

と、笑わせて私を元気にさせようと思ったらしいのですが逆効果。

私はさらに怒りました。

それからは夜の帰り道での電話はやめようと思いました。


人生で一番怖かった体験談5「ヒステリックな母」

30代女性が体験した人生で最も怖かった体験「ヒステリックな母」

今は、どう見ても立派な虐待と言って、いいのでしょうか。

私の母は、とてもヒステリックで厳しい人でした。

ちょっとのことでも、ガミガミ頭ごなしに叱る人でしたので、何か失敗するたびに、びくびくする日々でした。

私が3歳の時、ちょっとしたことで「おもらし」をしてしまいました。

しかも寝る前、お風呂にも入った後だったので、着替えたパジャマもちょっとだけ濡れてしまい、それを言い出せずにいました。

何かの拍子に、母に「おもらし」をしたことを知られてしまって、私は足を持たれて、逆さまにされました。

勿論、下着も何も付けない状態で、です。

そしてそのまま、家の玄関から外に出され、玄関灯の灯りだけが頼りの真っ暗な世界に、一人で置かれたのです。

当時私たち家族は、北海道に住んでいました。

その日も雪の降る、しばれる夜でした。

寒くて、真っ暗なのが怖くて、手や足がしばれて来て、本当に恐ろしかったです。

泣き叫んでも、鍵も開かないですし、玄関の内側の灯りも点きませんし、家に祖父も父もいたはずでしたが、助けてくれる家族はひとりとしていませんでした。

どのくらい泣き叫んだでしょうか……懇意にしてくれていた、お隣のおばさんが取りなしてくれて、やっと家に入れてもらえましたが、このことで「母は私を愛していないんだ」と、心の奥底に植え付けられたのでした。


人生で一番怖かった実話4「耳元で聞こえた声」

20代男性が体験した人生で一番怖かった実話「耳元で聞こえた声」

これは私が経験した人生で最も怖かった心霊経験となると思います。

当時の私は東京都青梅の奥に仕事上で住んでいました。

青梅は東京と言いつつも山の中にあるような場所で、夜になると都心とは比べ物にならないほどに暗く静かになるのです。

そんな場所ですが、私はアウトドアが好きでよく広めの自然公園にバイクで出かけて写真を撮ったりするのが趣味でした。

問題が起きたのはとある日でした。

皆既月食が東京で観測できるというので、いつもは出かけない夜更けに自然公園に出かけたのです。

流石に自然公園といえども夜遅くて駐車場には車もなく、誰も周りにはいません。

若干の不気味さも覚えながらも広めの広場でカメラの機材をセットして皆既月食の観察に楽しんでいたのです。

問題が起きたのはこのあとでした。

皆既月食の撮影が終わって機材を片付けたあとに、バイクにまたがりながら帰りの準備をしていた時でした。

それは帰ろうとエンジンのスイッチを入れようとした時です。

明らかに女性の声が耳元で「帰るの?」と聞こえたのです。

初めは声をかけられたと思いました。

しかし、ありえないのです。

何しろ、私はフルフェイスのバイク用ヘルメットを被っているのですから。

気が付いた瞬間にゾクッと背筋が震え上がりました。

即座にエンジンをかけてその場を離れましたが、家に帰って明かりをつけるまで耳元には聞こえた声が張り付いて仕方がありませんでした。

その夜は明かりを消して寝ることはできず、しばらくは公園にも近づくことができませんでした。


人生で一番怖かった実話3「部屋に侵入してきた何者かが私を…」

30代女性が体験した人生で一番怖かった実話「部屋に侵入してきた何者かが私を…」

私が上京したての頃に起きた話です。

その時私は埼玉県岩槻市に住んでいました。

元々は友達と二人暮らしをしていた部屋。

友達が蒸発し、一人となった家の中でそれは起きました。

季節は夏、2階に住んでいた私は、窓を開けたままベッドに横になっていました。

暑さのせいかなかなか眠れずに私はゴロゴロしていました。

すると、一人しかいないはずの静まり返った家の中に、『ギシッ、ギシッ』とキッチンの方から、まるで人が歩いているような床の軋みが聞こえてきました。

私の神経は一瞬にしてキッチンへと集中します。

キッチンのほうへそっと目を向けてみると、小さな子供のような影が一つ、磨りガラスの向こうにボゥッと浮かび上がっていました。

「ヤバイ」と思った私は必至で逃げ場を考えましたが、2階から飛び降りるわけにいかないし、玄関はキッチンの隣。

逃げ場なんてありません。

私は覚悟を決めて狸寝入りをすることにしました。

知らないうちにいなくなってくれることにかけたのです。

ですが、願いは虚しく、何者かが部屋に勢いよく侵入してきて、ベッドの格子から覗くように私を眺めています。

すぐそこに何者かがいることは、聞こえてくる息遣いでわかりました。

しばらくすると、諦めて帰ったのか、頬に感じていた息遣いが感じられなくなりました。

ですが、何者かは諦めたわけではなく、更に恐ろしいことをしようとしていたのです。

ふと、足が誰かに持ち上げられた感覚と共に、自分の足が高く上がっていくのを感じました。

90度までしっかり持ち上げると、いきなり手を離されたかのように『バタン!』とベッド上にうちつけられます。

それを何回も何回も繰り返して、ついに飽きたのか何者かは去って行きました。

後で気づいたことですが、突然の訪問者は私を殺そうとしていたんだと思います。

なぜなら…私のベッドの隣には窓があって、窓は全開になっていたんだから…


人生で一番怖かった実話2「出会い系サイトで男性とやり取りしていたら…」

20代女性が体験した人生で一番怖かった実話「出会い系サイトで男性とやり取りしていたら…」

もう10年くらい前です。

出会い系サイトにハマって、毎日男性とメッセージをやりとりしていました。

実際に会ったりはしなかったのですが、写メを交換して、とにかく「可愛いね」と言われるのが快感でした。

季節は夏だったかと思います。

ある男の人とメールをすることになりました。

いつものように写メを交換しましょう、となり、先に私から送ることになりました。

「つぎは○○さんが送ってくださいね」と言いましたが、なかなか送ってきません。

「約束ですよ!」と言うと「それ、脅し?」と返ってきました。

意味がよくわからなかったのですが、「すいません。」と返すと、今度は「謝って済むの?」と。

「こっちは今の言葉で傷ついた。誠意を見せろ」と言ってきました。

ますます混乱し、誠意とは何をすればいいのか聞くと、「自分で考えろ」と。

ちょっとこの人面倒臭いな、と思い、メールをシカトすることにしました。

すると「シカト?いいけど、こっちもそれなりに対応するから」と言われました。

もうわけがわかりません。

でも、なんとなくヤバイなーというのは感じ、「すいません、どうしたらいいですか?」と聞くと、「今から電話するから絶対に出ろよ」と言われたので、従うことに。

すぐに非通知からかかってきたので出ましたが、相手は何も話しません。

「話さないなら切りますよ?」というと、「あーそういう感じなんだね。出るとこでるから。いいよね?」と言われました。

まだ若かったので、この時点でどう対応すればいいかわからず、とりあえず電話を切りました。

するとまたかかってきて、すごく怖い声で「おい!てめえ何切ってんだよ!自分のしたことわかってんのか?」と怒鳴られました。

ブルブル震えました。

黙っていると「弁護士に相談するわ。すぐにメール送らせるから」と電話を切られ、30分もしないうちに弁護士を名乗る人からメールがきました。

内容は「○○さんに対する脅迫がありました。裁判を起こすことになったので、お願いします」というようなものでした。

今考えると本当にアホなんですが、信じてしまったんです。

まだ10代なのに、訴えられるなんて、どうなってしまうんだろう?親になんて説明しよう?と色々考えて、ひとり泣きました。

メールをシカトするのはマズイ、と思いながらも、どう返していいのかわからずシカトしていると、「返事がないということは、裁判を起こしても良いということですね。それでは手続きさせてもらいます」みたいなメールがきました。

ヤバイと思いつつ、シカトしたまま朝を迎えました。

その日からは、電話攻撃、メール攻撃が絶えませんでした。

着信拒否にしても着歴は残る仕様の携帯だったので、電話が来ていることはわかります。

相手は拒否されてると知ると、公衆電話からかけてきて、留守電に切り替えると「おいこら。いい加減にしろよ」などなど、逆にお前が脅迫してんだろ、という勢いでメッセージを残してきました。

弁護士からのメールもずっと来ていました。

もう、携帯を見るのが怖くなるくらい、連絡が止まず、本当に怖かったです。

結局電話番号を変え、メールアドレスも変えることで落ち着きましたが、約1ヶ月半、1人でとても怖い思いをしました。

あれ以来、出会い系サイトにアクセスすることをやめました。


人生で一番怖かった実話1「のっぺらぼう」

30代男性が語った人生で最も怖かった話、のっぺらぼう

私が今まで生きてきた中で一番怖かった経験は、子どもの頃に公園でのっぺらぼうに遭遇したことですね。

あれは私がまだ小学生だった頃の話でした。

ちょうど夏休みで友人たちと近所の公園に夜、花火をしに出かけました。途中までは皆で楽しく花火をしていたのですが、ふと公園の前の道から誰かが私を呼ぶのに気付きました。

声のする方向を見ると、大人の女性が私の名前を読んでいました。

どうやらその女性は私のことを知っているらしく、親しげに話しかけてきます。

しかしながら、私はその女性に心当たりがありません。

とはいえ子ども時分の話なので相手が私のことを知っていてもこちらは分からないという可能性は十分にあり得ました。

当時の私も、両親の知り合いか何かだろうと思って適当に相手をしていたのですがすると女性が時分も花火に参加させて欲しいと言ってきたのです。

特に断る理由もなかったのですが、女性が近づくにつれて段々と違和感を感じました、彼女の顔が判別出来ないのです。

夜の公園とはいえこちらは花火をしているので光源は十分なはずです。

しかし女性がいくら近づいても口から上のパーツを見ることが出来ません。

しかし女性はおろか、周りの友人もそのことを何ら指摘しようとはしません。

私が何か勘違いしているような気分になって怖さをひたかくしにして花火を続けていたのですがやはりいつまで経っても彼女の顔が分からないままです。

結局最後まで彼女の顔を見ることは出来ず、そのまま彼女は何事も無かったかのように去っていきました。

その後友人の一人に彼女の顔が見えなかったことを伝えたところ、やはり彼にも見えなかったようで私の勘違いではなかったようです。

ただ、とある噂話を知ってからというものこの話をすることはなくなり例え昼間でもその公園で遊ぶことはなくなりました。

その公園には昔から、子どもを連れ去るという幽霊の噂話があったそうです。

もしあの時私が夜の公園に一人だったとしたら?そう思うと、大人になった今でもあの公園に足を運ぶことはありません。